ひざまずく宇宙飛行士
トップ画像_シルエット比較つき.jpg

クラウドファンディング大成功!

200%達成!!

cf_logo_pr_vertical.png

​沢山のご支援、ありがとうございました!!

町おこしプロジェクト 2021

"たいきのワクワクみらいのえほん"​

「巨大モルタル造形」による

笑顔のパワースポットを地球へ。

アート協会が総出で行う今季の注目プロジェクトは、"全力で笑顔の町おこし"!

北海道にある民間ロケットで知られる「大樹町」を舞台に、全長2メートル以上となる巨大モルタル造形物の制作を予定しています。​

"大人も子供も夢をみれるって、

​すごいことじゃない?"

- 当協会理事長  小島光則

​「大樹町」で"全力町おこし"をしたいワケ。

「民間でロケットを宇宙まで飛ばし続けている町が北海道にあるらしい。」そんな話を小耳に挟み、夢を感じた当理事長の小島。ワクワクとトキメキを求めて訪れたことがキッカケ。

「町の魅力」というのは、その町に住む人々のチカラでもある。この大樹町の人々は、「いつか一般人も自由に宇宙へいける日常」という共通のおっきな夢を持ち、自分たちでロケットを打ち上げるほどの力強いパワーがあるのだ。

そのチカラは、時に思いも寄らないキセキをも呼び寄せる。月に一度、関東から何度も通ってしまうほど「大樹町の魅力」には、底知れぬポジティブなパワーがあった。度重なる不思議な出会いは奇跡か、はたまた必然か。

人々の笑顔と夢の溢れるのまち、それは今の日本に必要不可欠だと身をもって確信した。

"この地にたくさんの人に訪れて欲しい。そしてアナタにも元気パワーをあげたい、ボクがこの町で貰えたように"。

​度重なる"キセキの出会い"の物語

北海道「大樹町」で本当にあった不思議な奇跡の出会いのモノガタリ。

youtubeからご覧いただけます。

初に彼にあったのはリュック一つと、大きな好奇心だけ。

そこからたくさんの人に巡り合い、彼自身がパワーをもらえたこの町の魅力をたくさんの人に知って欲しい、この町の役に立ちたいと思うように、、、奇跡の出会いは続き、最終的に大樹町の町長さんにまで辿り着くことができたのでした。

S__59138069.jpg

About Project

大樹町全力で町おこしプロジェクトとは?

私たちは、大樹町の民間ロケットの滑走路にもなる「航空公園」を、大樹町の新たな名所「一度は訪れたいパワースポット」とすることを企画しています。

世界的パンデミックの時代、私たちの生活様式は大きく変わるきっかけとなりました。それに伴い、家族の大切さ・モノの価値・食べ物への感謝・仕事をする場所、自分を見つめる時間など、私たちの価値観も様々な変化を遂げました。

そして「都会に拘らずとも成り立つ、むしろ現状よりQOLが向上する。」と気づいた企業や世帯による"地方移住"が、少なからず増加傾向にあります。

さて、日本にも数多くある地方の中で「そのまち」を選ぶ"決め手"はどこにあるのでしょう?

それは「まちの魅力」。如何にそのまちが、己にとって魅力的で住みたいと思えるかが重要になってきます。

私たちはこの大樹町の魅力を、実際に来て、見て、肌で感じて欲しい。

だからこそ「航空公園」を大樹町の新たな名所とし、たくさんの人が訪れてみたくなる新たな空間を創りたいと考えています。

隕石落下.jpg

200年後の未来から降ってきた!?

巨大絵本「たいきとまほうのロケット」

​プロジェクト第一弾である巨大モルタル造形の絵本のコンセプト動画。

youtubeからご覧いただけます。

2021年8月8日、満点の星空の夜のこと、突如として眩い光が大樹町を包んだ。なんと「航空公園」に"巨大な何か"が着陸したらしい。

そこに現れたのは2020年の未来からやってきたという不思議な絵本。全長2m以上もあるその大きな絵本には、「100年前の昔話」と書かれていたーーーーー。

北海道大樹町:全力町おこしプロジェクト第1段

高さ2m以上の巨大モルタル造形『大樹と魔法のロケット』

​町の子供達がワクワクするミライを。

プロジェクト第一弾では、この広々とした航空公園で1番のメインスポットとなる巨大モルタル造形を行います。

 

宇宙への壮大な夢を持ち続ける「大樹町」ですが、実は消滅可能性都市として名前が挙がるまち。

1年間で子どもはたったの40人しか生まれません。その一方で、まちの子供たち同士の団結力の強さは群を抜くものがあります。それは、大樹町が一丸となって手厚く子供たちを育てているから。このまちは「子育てのまち」でもあるのです。

大樹町の子供達は、みんな笑顔が絶えず、夢をもち、スクスクと育っています。

そんな大樹町のミライをつくるのは、もちろん彼ら。私たちアート協会は、このまちの子供達がワクワクする、想像したくなる、そんな大樹のミライが描かれた絵本の制作を企画しています。

istockphoto-1216026810-612x612.jpg

1,

高さ 2m50cm

横幅 3m超え!!

​大迫力の絵本造形

​大樹町の牛たちも思わずびっくりのおっきなおっきな絵本造形。

100年後の本当のミライまで残せるのは、モルタル造形だからこそ。

istockphoto-1216026810-612x612.jpg
ペールタイトル_シルエット入り.jpg
istockphoto-1216026810-612x612.jpg

2,

​100年後のミライが描かれたイチページ

話によると、2020年の未来からやってきたという不思議なこの絵本。

"100年前の昔話"と書かれたその内容とは一体!?

2021年8月8日流星の如く降り注ぐ未来の光とともに、その全貌が明らかに。

istockphoto-1216026810-612x612.jpg
モザイクナイト.jpg
istockphoto-1216026810-612x612.jpg

3,

鳴らすと願いが叶う!?

魔法のジンクスベル

100年後のことが記されたページには、ワクワクのミライへ続く夢のトビラが!出会えるのは夏の間だけ。冬は真っ白な雪に包まれて、みんなの願いを宇宙に届けるお手伝いをしています。

『ベルを鳴らすと願いが叶う』というジンクスがある扉の向こうのベルに出会える1年に1度のチャンス。全国各地の人が訪れたくなる、、、そんなパワースポットへ!

istockphoto-1216026810-612x612.jpg
%E6%89%89%E8%A9%B3%E7%B4%B0_edited.png
istockphoto-1216026810-612x612.jpg

4,

表紙に記される

​ミンナの"イマ"

本の背表紙には、今回のこの巨大モルタル造形の絵本制作にあたりお力添えいただきました皆様のお名前を刻ませていただきます。

100年後まで現在の想いが届きますよう、思いを込めて。

istockphoto-1216026810-612x612.jpg
本カバー.jpg
イベント文なし.jpg

「来年も、また来ようね。」

2021年8月8日
北海道大樹町 航空公園にて

造形絵本の完成披露イベント

ミライへ続く夢と希望

"ヒカリの点灯式"

絵本と扉造形の完成、御披露目に合わせて点灯式を行います。子供たちのリサイクルアート作品『ゆめらんたん』が点灯すると同時に、来場者に配布した『ちびらんたん』を一斉点灯。

あちこちで灯るみんなのミライのヒカリ。

そのポジティブなパワーは人の心を震わせるはず。

訪れた方々が「また来年も来たい。」と思っていただけるような感動と笑顔を届けるイベントを、大樹町の皆様と私たちアート協会が一丸となってご用意致します。

S__126828553.jpg
IMG_9044B7B46EAC-13.jpeg

当日は大樹町内の店舗様方(小麦の奴隷様、蝦夷マルシェ様)のキッチンカーや、アートライブなどの催しも計画中!

大樹町企業様方 x 子供たち x ​アート協会

リサイクルアート ワーク

"ゆめらんたん"

大樹町で活躍する農場、工場、店舗の方々からご提供いただいたガラス瓶やパッケージを用いたリサイクル手作りライトで企業と一緒に街おこし。

子供たちの夢や想いをカタチにしてもらい、宇宙公園の芝生のあちこちで、まるで夏の蛍のように美しい光が溢れ出す。。。

宇宙まで届け、みんなの想い!!

yumerantan.jpg

皆様のチカラ

​貸してください。

北海道にある小さなまち、大樹町は大きな夢を持っています。このまちに住む人々は、いつもエネルギッシュで人情深く、愛に溢れています。笑顔に溢れるまちなのです。「住みたい」「また来ます」訪れた方々が口を揃えていうほどのパワーを持っています。

ただ、それは「このまちに訪れて初めて知れた」こと。まずは、是非この街に来る"キッカケ"を、私たちは全力で創りたい。

そしてこのプロジェクトは、私たちの力だけではどうしても達成することが難しいのが現状です。

巨大なモルタル造形製作からイベント企画まで、来年再来年そのまたミライへ続くプロジェクト、、​、皆様のお力を貸してください!!!!

私たちと一緒に、

たくさんの笑顔

創っていただけませんか?

彼女のラップトップで

​クラウドファンディング

cf_logo_pr_vertical.png

クラウドファンディングサイト"CAMPFIRE"にて当プロジェクトを5月2日(日)に公開します!

ご支援いただきました皆様へ、アート協会と大樹町の方々による"お気持ち”のリターンも数多く揃えております。

​何卒よろしくお願い申し上げます。

CAMPFIREのサイトへ移動します。

助けの手

​ご支援窓口

CAMPFIREのアカウントをお持ちでない方や、ただご支援いただけるという場合は、こちらよりお問い合わせをお願い申し上げます。

​また、施工制作にご協力いただける方、除幕イベント当日のボランティアをしていただける方も随時受け付けております。是非私たちと一緒に、たくさんの笑顔を産むお手伝いをしていただけませんか?

Project News 

​「全力町おこしプロジェクト」の新着情報・近況報告・募集情報

MEDIA

十勝毎日新聞社 が当プロジェクトを

紹介してくださいました!

S__62455810.jpg

2021年3月15日(月)の十勝毎日新聞社の社会ページにて、当プロジェクトをご紹介いただきました!

当協会の小島理事長と執行役員の徳江さんが取材を受けました。

今回の大樹町視察では、施工場所となる航空公園の現地調査やイベント企画に対する周知、市の役員様方と今後のプロジェクトの動きやデザインのプレゼンテーションを行いました。

実現に向けて、一歩一歩、前へ!

TOWN 

大樹町の町長さんから

応援メッセージをいただきました!

S__127827972.jpg
IMG_9044B7B46EAC-9.jpeg

ロケットがきっかけで大樹町に興味を持っていただき、私を訪ねてくださった小島理事長。理事長のご提案がとても興味深かったことはもちろん、当町の友好都市 群馬県吉岡町にお住まいとのことで、ご縁も感じたところであります。

何度かお会いし協議をさせていただいた結果、宇宙のまちづくりの拠点「大樹町多目的航空公園」に、オブジェを作っていただくこととなりました。

日本国内外で活躍されている皆様に当町を選んでいただいたことがとても光栄ですし、このオブジェが当町の“インスタ映えスポット”として話題となり、大樹町へ訪れていただくきっかけになることを期待しております。

ー大樹町 町長 酒森正人様より

Looking for...

【物資提供のお願い】大樹町の企業及び店舗の方々へ

​子供たちとリサイクルアートを作りたい

yumerantan.jpg

今回の造形絵本の制作完成披露イベントでは、イベント前日に子供たちとのアートワークを企画しております。

​そこで、大樹町の企業様方にはヨーグルトや牛乳などの製品の空き瓶やパッケージをリサイクルアートライト「ゆめらんたん」を、イベント当日に一斉点灯をしたいと考えております。

子供たちの笑顔を一緒に作ってくださる企業・店舗様を募集しております。​少しでも興味を持っていただけましたら、下記のお問い合わせよりご連絡をいただけますと幸いです。

何卒ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

TOWN

完成披露イベントに「小麦の奴隷」と

「蝦夷マルシェのまりえさん」が

​参加してくださることになりました!

S__126828553.jpg
unnamed.jpeg

大樹町を代表する、新地方活性型ベーカリーブランド「小麦の奴隷(こむぎのどれい)」のカレーパングランプリ2020金賞受賞の一番人気"ザックザックカレーパン"をはじめとする、病みつきパンたちをイベントで提供していただけることになりました!

「小麦の奴隷」は、2020年春の開業と同時に行列のできる人気店となりました。多い日で300個以上作り上げるカレーパンは、開業約3ヶ月で1万個販売を達成。大樹町に魅了された若かりしオーナーGENKIが都市部から移住して始め開業、新しいわくわくが沢山詰まったベーカリーブランドです。

なんといっても1番人気は北海道でもっともザックザクな食感と十勝大樹町高松農場さんのジャガイモがたっぷり入った「ザックザクカレーパン」!人口約5,400人の大樹町でわずか3カ月で1万個を売上げた名物商品です。カレーパングランプリ2020(主催:日本カレーパン協会)昨年3月にオープンしたばかりである小麦の奴隷は、歴史ある全国の銘店と肩を並べ、東日本揚げカレーパン部門で見事金賞を受賞しました。

URoQL4Wy_400x400.jpeg
IMG_9044B7B46EAC-13.jpeg

北海道の美味しい食材をふんだんに使ったレストラン&アミューズメントバー「蝦夷マルシェ」の看板である美人ママ"まりえ"さん。

まりえさんはシンガーソングライターとして活動されており、舞台に出てみたりキャンピングカーで日本列島を横断したりとかなり活発的な女性!

そんなまりえさんが、今回のお披露目式の催しとして、特別ライブをしてくださることになりました!

北海道大樹町お取り寄せレストラン「蝦夷マルシェ」
北海道の美味しいものをお取り寄せし、ひと工夫手を加え提供する新感覚レストラン。
コミニュケーションやエンタメを大切にし、食事だけでなく、心までも満腹にを心がけて営業されています。
ご来店いただけるお客様だけでなく、なかなか来れないお客様にも対応出来るよう通販サイトをスタート。蝦夷マルシェがセレクトした北海道のお取り寄せや、蝦夷マルシェグッズなどをメインに販売しています。